第11回東京大学学生発明コンテストに入賞しました。

私たちが研究を進めている「外形骨格の反発性を活用したロボットの関節制御技術」が、2016年度の第11回東京大学学生発明コンテストでアイデア賞を受賞しました。

“素材のもつ反発性を利用した新しい関節の発明であり、駆動モータの数を減らすなどコスト削減が見込める技術” として受賞できたのは、嬉しい限りです。世界で役立つ技術として認められるよう、今後も研究を進めて参ります。

よろしくお願いいたします。

第11回東京大学学生発明コンテスト公式ページはこちら