かみロボ研 in MFT2015 レポート〈ワークショップ編〉

みなさん、こんにちは! かみロボ研 ワークショップ担当 みんなのダンボールマン こと 小仙です。

ずいぶん遅くなりましたが、今月のあたまに「かみロボ研」で参加させて頂きました、Maker Faire Tokyo 2015でのハンズオンWS、そして特設ブースでのワークショップの様子をレポートとして振り返りたいと思います。

「かみロボ研」のブースでは、先日のエントリーにもあったように、段ボールで出来るロボットの開発プロセスをみてもらうべく、約2ヶ月間で出来上がったロボットの手「ダンテ」を展示させて頂きました。

そして、その過程をみなさんにも体験頂くべく、ハンズオンWSも開催させて頂きました。

つくるのは段ボールからで組み立てる1本の指。

型抜きされた1枚の段ボールからパーツを切り離し、折り曲げて糊貼りするだけの簡単なWSですが、これがなかなか奥深い。

平べったい板紙がみるみるうちに立体になっていきます。




こどもも大人ももう夢中で、指のカタチが見えた瞬間、みんなの目の色が変わるのがとても印象的でした。

用意していた整理券もほぼなくなり、2日間たくさんの方に段ボールと指の構造について、いろんな気付きを体験して頂きました。

さらに、僕たち「かみロボ研」は、特設コーナーでのワークショップも開催させて頂きました。http://makezine.jp/event/makers2015/cardboardrobot/

コチラではハンズオンWSよりも大きな指をつくって、スケールの違うからだのパーツを動かしてみる体験をしてもらいました。


目の前にある「電動デカダンテ」の動きに心を弾ませながら、大きくなった一本指をつくります。





みなさん親子で参加くださり、出来上がった指でじゃれ合う様子がとっても微笑ましく印象的なワークショップでした。

お父さん、お母さんと話をして、気付いた事を「きづいたことシート」に書き込んでワークショップ終了。

ワークショップが終わるとみんな一斉に前に置かれた「電動デカダンテ」に集まり、リモコングローブをはめて5本の指を動かすことに目を輝かせていました。

身近にある素材を使って、基本的なモノのしくみが分かれば、いろんなアイデアの組み合わせで、どんどんオモシロいモノがつくれることを改めて体験頂けたと思います。

Maker Faire Tokyo 2015 ホントに素晴らしい場にいれたことに感謝です。

光栄な事にMake:マガジンのブログにWSの様子を掲載頂きました! コチラもぜひご覧下さいませっ

http://makezine.jp/blog/2015/08/mft2015_edutainment.html

………………………………………….

我々「かみロボット研究室」では、段ボールで作るロボットをベースにした教材やワークショップの開発を行っています。 ご興味のある方は、お気軽にご相談&お問い合わせください!

お問い合わせはコチラ > info@kamiroboken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です